うほっ!宙単ブログ@三国志大戦

こういうのって、 怖 く ね ?

よくもまぁ、こんなデータ集めてるなぁとは思うけど。

<関東ヤバイ、マジヤバイ>
http://res2ch.blog76.fc2.com/blog-entry-3111.html

<厚木のイオン値が異常>
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-383.html

こういうのって、当たった例を抽出して挙げてるとかで信憑性って薄いとは思うんだけど…この前の蜀の首都付近での地震見たあとだから笑えねぇ…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて、1個前の記事の続き。最近三国志大戦3で使ったデッキについてです。話が180°変わることにはあまり突っ込まないほうがよい。

今日は機略自在デッキについてです。

<SR司馬懿・R龐徳・UC曹仁・R羊コ・C蔡瑁・GC陳羣>

既に企画2回目にして個性のないデッキを紹介しなきゃならないほどネタがない。いや、カード種類数が少ないと言っていただきたいぞ。

このデッキの前身は騎馬単機略デッキになります。軍師が転進再起でC蔡瑁の枠がC劉瞱だったのですが、看破はできなし、神速デッキ相手には高めで神速撃たせてから転進再起→士気差で機略カウンターのパターンしか勝てなかったので、1本槍が立ってりゃいいや。と思ってC蔡瑁に変えた次第であります。

このデッキの根本は、機略デッキを使いたかったというだけになります。SR司馬懿が確定なので素武力8か9が欲しい。つまりUC徐晃かR龐徳が欲しいということになりました。この2択は確かに迷ったのですが、決め手にしたのはやはり武力9に魅かれた点にあります。0.5コス落とせばUC徐晃の代わりにUC曹仁がいたのも決め手のひとつでした。もちろん素武力は低いですが、神速戦法という計略を使う場面を想定するならば、武力2は大差ないからですね。

このままの流れでいくとUC曹仁も確定なわけですが、UC曹仁を選択した理由はもう一つあります。それは機略デッキの連環との相性の悪さです。

最近は弓連環が増え、遠弓陣自陣貼りで全く出てこない人や麻痺矢デッキで士気12溜まるまで自陣からは出てこない人も結構います。機略自在の範囲って今すごい狭くて、連環はすっぽり入ってしまいます。機略撃つ前に全員連環されたら最悪ですし、機略撃ったとしても全員すっぽり入るので意味はほぼないです…となると、機略だけでなく単体神速があったほうが対応力が高くなると感じたからです。

まぁ実際このデッキ使ったら、求心大水計とかに当たったわけですが、R龐徳とSR司馬懿とC蔡瑁を流してもらって、あとは神速戦法でフンフフン♪、という戦い方ができましたし。士気溜まって求心されても司馬懿が流れないので雲散できますし。

さて、デッキ構築の話に戻りましょう。SR司馬懿・R龐徳・UC曹仁で残りは1.5コス+1コスですね。それでこれまでの編成を見ると、高知力がSR司馬懿しかいません。さらに言うとほぼ計略がSR司馬懿頼みですか。魏の特徴の、低士気計略で掻きまわす戦い方からは若干遠いカンジ?あと、魏の悩み所ではあるのですが、武力上昇値が若干低いです。相手の号令を雲散できない状況で押し込まれると、機略でまともにぶつかっても守りきれることがキツイかな?と思いました。そこで1.5枠にはR羊コを採用。伏兵も踏めるしね。

さて最後の1コスですが、これは上で書いたようにC蔡瑁ですね。槍が1本立ってればよかったのでw UC程イク?反計返せヽ(`Д´)ノ

今日は短いですねww やはりテンプレに近いからでしょうか。まぁ明日プレイするから、今日はまたネタでも考えて寝よう。

実は最近ちょっと集めてるものがありまして。それはRカード2週目です。とっくの昔にRカードはフルコンプしてるのですが、せっかく引いたカード全部捨てるのもなんだかな、ってのと、新しくデッキ組む時にわざわざファイルから取り出したりするのがめんどくさかったからってのが理由です。

しかしこれを集め始めてからR馬超を4枚も引いてるのはなんでだぜ?そして出てこないGR呂蒙…スタイリッシュ!!

というかここ100プレイくらい、かなり引き運が悪いです。ここ100枚でSR2枚しか引いてないんですが(^^; 片方がSR甘寧だからまぁよかったものの。LEなんて影も形もありません。

そんなカンジで週末へと時は導かれていくわけです。ではノシ
[PR]



by marimitetyu-tan | 2008-05-15 20:42 | 三国志大戦3

三国志大戦3 チーム『白銀の翼』 のリーダーやらせてもらってます。チームメンバーともども、全国で当たったらよろしくお願いします!
by marimitetyu-tan
プロフィールを見る
画像一覧

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧